ページ移動

エントリー

Painter 2015 粒子ブラシを使ってペンブラシを作成

Painter 2015 の新ブラシ[粒子ブラシ]を使った『墨(かすれ)ブラシ』と『ペンブラシ』のブラシファイル配布です。コントロールしやすいブラシを目指してカスタマイズしてみましたので、お使いいただければ嬉しいです。
DLの前に、描画時のコツや再修正する際の注意点などを紹介しておきます。

 

『墨(かすれ)ブラシ(ch_spring ink.brushvariant として配布)』は、少しかすれたような感じの筆風のブラシになります。
下図のような雰囲気で仕上がります(月の塗り以外は、すべてサイズ、色とも変更せずに今回のブラシで描画)。

このブラシは、[粒子]ブラシの中の[ばね粒子]を使用したブラシです。
[一般]>[接点の種類] で[ばね粒子] を選択して作成します。
粒子関係のコントロールでは、[粒子 - 一般] と [ばね粒子] が設定可能です。
太く濃く描くときには筆圧を強くするだけでなく、気持ちゆっくり目にペンを動かすと上手くいくと思います。
最初に筆圧を強くしてから少し早いストロークで描画すると、抜きの入った先細りの線になります。
筆圧を弱くすると、かなり細い線まで描画することが出来るのでサイズ変更なしに線の太さを変えることができます。
描画は、筆圧の他に速さにも影響するので、[ブラシの較正]を使用して、個別に適切な筆圧や速度設定(ブラシトラッキング)をしておくとよいと思います。
DLブラシは、既に[ブラシの較正] を使用する設定にしてあり、筆圧値などが入っている状態ですが、お使いになるときにご自分の筆圧にあわせて微調整していただくとよいかと思います。(描いてみて違和感がなければそのまま使っていただいても構いませんが…(笑))

 

配布してあるブラシはかなりかすれた感じで。色も真っ黒の墨というほどには出にくくなっています。濃いめのしっかりした筆にしたい場合には、[ばね粒子]コントロールの [パスの不透明度] または [ばねの不透明度] を高く設定します。
二つのうちどちらを高くするかで、多少雰囲気が違うので、好みの方の設定値を上げてください。[ばねの不透明度]を高くした方が、多少ですが全体的に濃くなります。また、今回の設定では[テクスチャ]の値を高く設定しているため、テクスチャに反応します。サンプル画では自作のテクスチャ(アルシュ極細目をスキャン、修正した)を使っていますが、Painter のテクスチャであれば、[砂目パステルペーパー] 辺りを使うと良いでしょう。
テクスチャ値を下げることで、かすれ感を少なくすることも出来ます。

 

細い筆は、サイズを 10 程度まで下げることで作成できます。サイズのみを10より下げてもそれ以上に細い筆にはなりにくいようです。

サイズ変更については、サイズのみではなく[ばね粒子]コントロールの [最小長さ] も変更してみてください(左図参照)。
[最小長さ]を小さくすれば、サイズを変更しなくても細い線になります。サイズで変更するよりも均一の細さになるので、雰囲気によっては、[サイズ]よりも[最小長さ]で設定するとよいかもしれません。


細い筆でも強弱がついた感じにしたいときには、[ばね粒子] コントロールの [剛性]の値を小さくします。[剛性] は小さくすることで、線のサイズ変化が大きくなります。

 

[粒子 - 一般] > [滑らかさ] と [滑らかさのジッター] をともに低い数値にすると、筆先が少しばらけた感じになります。
筆圧を強めて描きはじめたときで比べると、配布ブラシの設定(ともに100)ではほとんど円形に近い形になるのに対して、[滑らかさ] 50、[滑らかさのジッター] 0 では、描き始めの形がランダムに変化します。
同時に角を作るような部分でも筆先がばらけた感じになるので、まとまりがない感じになります。好みで設定を変えてみてください。
下図では上枠の中が配布のブラシ、下が [滑らかさ] と[滑らかさのジッター] を変更したものです。描き始めの形が 毎回少し違う感じで余り丸くなりません。また、ペンの方向を変えたときの角の形がばらけています。

 


[滑らかさ] とともに、[粒子 - 一般] >[ローカルカオス] を変更することで、線にぎざぎざした感じを出すことも出来ます。
余り大きく設定を変えると筆風ではなくなるので、描画結果を見ながら修正をしてみてください。(このとき、[ローカルカオス]の表現設定を[ランダム]に変更するとよいでしょう。)



次に、通常のペン入れなどにも使える『ペンブラシ(ch_spring pen.brushvariant)として配布』について紹介します。
左のイラストは今回のペンブラシでブラシサイズは全くを変えずに描画したものです。(50%縮小画像、クリックで100%の状態で確認いただけます。)
基本的な設定は墨(かすれ)ブラシと同じで、通常の線画のペン入れなどに使えるようにコントロールしやすいブラシ設定を目指しました。
スクラッチボードで使われているレンダータイプで描画した結果と比べると、細い線を描いたときでもインクがたまるようなところができるのが特徴になります。(下図比較)

このブラシも、[ブラシの較正] をしっかり確認修正して使用するとよいと思います。また[スムージング] コントロールの [滑らかさ] を上げると、スクラッチボードなどと同じように描画結果が滑らかになるので随時修正してみてください。
配布時は70%に設定していますが、短いストロークが描きにくかったりストロークに描画が追いつかないような感じがあれば、少し下げてください。逆にもっと滑らかにしたい場合は80~85くらいまでで試し描きをしてみると良いかと思います(この [滑らかさ] は [粒子 - 一般] > [滑らかさ] とは別です。[スムージング] > [滑らかさ] なので要注意)。

 

[剛性]を下げると、インクの強弱がついた雰囲気になります。 サイズの変更についてですが、基本的には、余り大きくは変化しません。[サイズ]とともに [粒子 - 一般] > [数] も上げてみると良いかと思います。50くらいまで大きくしてもそれほど太くはなりません(下図参照)。

[ばね粒子] > [最小長さ] を上げるとより太くはなりますが、ペンへの追従性が少し下がるようなので、描きやすさ重視であれば [最小長さ] は配布の10%で使用する方が良いと思います。逆に、配布の設定でペンの動きが今ひとつ…というときには、[最小長さ]を5%くらいまで下げてみてください。描きやすくなると思います。(下線部分9/9追記)

 

それでは、以下のリンク先よりそれぞれのファイルをダウンロードしてお使いください。

『墨(かすれ)ブラシ』 ch_spring ink.brushvariant 4KB
『ペンブラシ』    ch_spring pen.brushvariant 4KB

ブラシバリアントの読み込みについて
ファイルはブラシバリアントのインポート用ファイル形式になっています。
インポート時は、Paitner 2015を開いて、ブラシセレクタのメニューコマンドか、ツールバーの [ブラシ] から、[インポート] >[ブラシ]と選択して、ダウンロードしたファイルを選択して読み込んでください。
インポート時に、バリアント名を変更することができます(初期状態では、ファイル名と同名)ので、自由に変更してください。またバリアントを配置するカテゴリも選択できます(初期状態では、インポート時に選択しているカテゴリが表示)。


今回配布のペンブラシはとにかく通常のペン入れ時に扱いやすく…を目指したので、粒子ブラシとしての面白さはほとんど出ていません。
扱いやすさを少し犠牲にして、粒子ブラシの面白さを生かしたペンブラシを作成してみてもよいと思います。
設定を変えると線が少しガタガタする設定にもできます。また、[ばね粒子] コントロールの [外観] には[中核][チェーン][幾何]の3種類があり、今回のブラシはどちらも [幾何] を使用していますが、[中核] や [チェーン]を使用してみても雰囲気の違うペンを作成することができます。
粒子コントロールの設定部分のみと描画結果をスキャンした画像をいくつか置いておきますので、設定を確認してみてください。(上左:幾何のギザギザタイプ 上右:チェーン 下二種:中核)

 

粒子ブラシに関しては、描画結果の面白いものがデフォルトブラシの中に多数ありますが、ブラシとしての面白さ以外に通常使うブラシの設定の中に組み込んでも使えるカスタマイズを紹介してみました。 次回は、もう一つ普段使いの粒子ブラシ…ということで、ブレンドブラシとしての粒子ブラシを紹介したいと思います。

ページ移動

SEARCH

タグクラウド

ページの先頭へ