ページ移動

エントリー

Painter Essentials 4 アップデートパッチ公開

Painter Essentials 4に、新OSのWindows7とMac OS X 10.6(Snow Leopard)に対応したアップデートパッチが公開されました(10月30日)。
ブラシの引き出しに関する問題も修正されているようですので、旧OSを使用されている方もアップデートしておく方がよいかと思います。
で…購入製品版(パッケージ&ダウンロード)については、新しいブラシが5種類ほど付属します(日本語版のみ5種、英語版は2種)。
残念ながら、タブレットなどへの付属版については、このアップデートパッチは適用できなくて、専用の(新ブラシのないタイプ)パッチがあります。
どちらも次のページからダウンロード出来ます。
Painter Essentials 4 アップデートパッチ ダウンロード場所(Corelサイト内)

アップデートの際には、事前に初期化しておく(Shiftキーを押しながらPainterを起動)方が安全かもしれません(特にWin版)。
DL先のアップデート手順については、アップデート後に初期化するように書かれていますが…。
あ、アップデート時は当然ですが、元のEssentials 4はインストールしておかないとダメです…(笑)
Windows 7等になってからインストールしていない場合は、事前にインストールしておかないとダメです…アップデートパッチはインストールしているファイルを探しに行くので…。
アップデート後に起動できなくなった(ファイルが破損していますとかのメッセージが出る)場合は、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」でEssentials4を選んで、「変更と削除」を押すと、修復か削除を選ぶ画面が出るので、修復を選んで処理を進めると、正常に作業手出来るようになるようです(それでもダメな場合は一旦アンインストールしてから、再インストールし直すといいかもしれません。
それでもダメな場合は、Corelサポートサービスに連絡して下さい…(^^;)
DLページには、4.3アップデータとありますが、アップデート後のバージョンは「4.0161」になるようです…(笑)
購入版をアップデートされた方は新ブラシが入っていればアップデート成功…ということでよいのではないかと…多分…(笑)

新ブラシですが…アップデータページをご覧になった方は、既にご存じかと思いますが、日本版限定ブラシについて、少しだけお手伝いさせていただきました。
サンプル作品はすべて写真をトレスしてから色つけしたものなので、ぬりえ感覚でも使ってもらえるかと思います。
習字ブラシは文字書きなどに(テキスト入力した文字などをなぞっても面白いかと…)使えます(トラのイラストの「賀正」の文字とか…(笑))。
使用時は、レイヤーに描く場合、最初に線画ブラシで縁や濃い色を出したい部分に色をおいてから、彩色ブラシでなじませるように色つけしていくとよいのではないかと思います(線画ブラシでレイヤーに最初に描くことで「フィルタ(乗算タイプ)」のレイヤーになるので、色がきれいに出ます)。
単独では、塗りにくい部分もあると思うので、ブレンドや水彩系のブラシと併用してみて下さい。
「Essentials 4」ではスキャンした線画を使って描く方法等が前バージョンとは少し違うので、その辺りも含め…改めて講座内で紹介したいと思っているのですが、年末に向けて…どうなりますことか…(需要があるかなぁ…(笑))。

新OSへの対応については、フルバージョンの「Painter 11」のパッチも年内に出るようなので(コーレルサイトに情報によると)その際にバグへの対応もあるのか…ちょっと楽しみですね…(笑)

ページ移動

SEARCH

タグクラウド

ページの先頭へ