ページ移動

エントリー

色鉛筆画に挑戦!?

ファイル 8-5.jpgはじめての色鉛筆画」をいう本を手に入れたので、Painterで色鉛筆画に挑戦してみました。
本にあるアナログな塗り方をほぼそのまま再現してみようと思いたちまして…。
この本の中にあるレッスンの「姫りんご」を模写して練習してみました。

ブラシには、「色鉛筆」の「色鉛筆(ハード)5」を修正…修正した箇所のほうが多いので、ほとんど別物に近いのですが…(笑)
で、実際には色を塗り重ねる…ただひたすら…それだけです。
影になる部分に使う濃い色から明るい色へ順に塗り重ねていきます。
この絵だと、一番濃い色の部分は5色くらい重ねて塗っています。
色鉛筆の細さを出す為に…ブラシサイズも小さめ…になっています。
大きなサイズのブラシにしてしまうと、どうしてもクレヨンと区別がつかなくなってしまうので…。
ハイライトに関しては、本来は塗り残す…ようなのですが、そこは多少消しゴムを使って、最後に描き加えたりしています(小さい部分など)
その際、消しゴムに若干ですが、「ジッター」に値を入れるとよいと思います。(周囲にざらざら感がでるので…値は1~3程度)

一応ブラシバリアントの設定は↓のXMLファイルの通りです。
ColorPencil_Ver.9(IX~Xで使用可)
ファイル 8-2.jpg
ブラシ使用上の注意点としては、カラー表現に「ソース」を使用しているので、パターンにRGB各100程度のグレー一色のものを作成して使用する事です。詳しくはペインター講座「カラー表現を使う」を参照して下さい。

ファイル 8-3.jpg
またテクスチャに関しては、自作のテクスチャ(普通の画用紙をスキャンしたもの)を使用していますが、ベーシックペーパーなどを使用する場合は、少しサイズなどを修正するとよいと思います。
また、「方向テクスチャ」にもチェックを入れておくのもお薦めですvv

この程度のサイズのイラストでも、ものすごく時間がかかりました。
途中で投げ出しそうになりました。
長時間やると疲れるので…3日くらいかかりまして…ぉぃぉぃ…(^^;)
しかもこの程度の出来でして…少しでも色鉛筆風に見えているとよいのですが…。

う~ん…これはやはり素直に紙と色鉛筆を使ったほうがどう考えても楽ですね…(笑)
まぁ…こういう事も出来ます…という感じで…(^^;)

ページ移動

SEARCH

タグクラウド

ページの先頭へ